水族館での携帯型映像アーカイブの開発と利用者動向の分析

Yutaro Ohashi, Sota Yokoe, Makoto Arisawa, Shigenori Sugimoto, Kazuhiko Minawa

    Tutkimustuotos: ArtikkelijulkaisuArtikkeliTieteellinenvertaisarvioitu

    Abstrakti

    現在、デジタルアーカイブを博物館に積極的に取り入れる動きが見られる。様々な種類がある博物館の中で、水族館は利用者への新しいサービスの提供を目的としたデジタルアーカイブの開発や利用において、他の種類の博物館と比較して後れを取っている現状である。私たちの研究プロジェクトでは、神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館と共同で、同水族館がこれまで所蔵してきた水生生物の生態に関する映像コンテンツを活用し、携帯型映像端末(iPod touch)を使った「えのすいナビ」と呼ばれる独自のナビゲーションシステムを企画・開発した。えのすいナビ利用者が主観評価を行ったところ、えのすいナビが利用者の観察行動を支援したことが分かった。加えて、利用者がえのすいナビを利用する際、現在地の情報を最も多く取得していること、時間経過によって利用頻度が減少することなど、特徴的な傾向があることが明らかとなった。今回の実験によってデジタルアーカイブの博物館での新しい利用法に関する新しい可能性が示された。

    Nowadays, there is a move to adopt digital archive positively in many museums in Japan. However, aquariums lagged behind other types of museums in the use and development of digital archives to introduce new services by using digital technology. Our research project focused on the use of video content, stored by Enoshima Aquarium, and developed video navigation system “Enosui Navi” by using mobile device (iPod touch). According to the subjective assessment by users, we found that the system supported users to observe the exhibits. In addition, it has become evident that users have distinctive trend when using mobile navigation devices. This experiment gave some indication of the possibilities to make use of digital archived information in museum in a new way.
    Alkuperäiskielijapani
    LehtiBulletin of Japan Society for the Science of Design
    Vuosikerta58
    Numero2
    Sivut21-26
    Sivumäärä6
    ISSN0910-8173
    TilaJulkaistu - 2011
    OKM-julkaisutyyppiA1 Alkuperäisartikkeli tieteellisessä aikakauslehdessä, vertaisarvioitu

    Tieteenalat

    • 516 Kasvatustieteet

    Siteeraa tätä

    Ohashi, Y., Yokoe, S., Arisawa, M., Sugimoto, S., & Minawa, K. (2011). 水族館での携帯型映像アーカイブの開発と利用者動向の分析. Bulletin of Japan Society for the Science of Design, 58(2), 21-26.